どんど焼き

お正月の松飾り、古いお札、だるまを集めて焼くどんど焼き。

一年間の招福を願い、無病息災や、病を取り除くことを祈る行事と言われています。 

今日はあいの詩からおばあちゃん達も来てくれました。

園長住職による祈祷の後、集まった古いだるまやお札に火が放たれ、大きな炎となりました。

子ども達は、音を立ててどんどん燃えてゆく様をじっと眺めていました。

そして最後にお待ちかねのお餅です。

まるで雛鳥のように先生にちょうだい!と口を開けてお餅をもらうのを待っている子も沢山いました。

どんど焼きで焼いたお餅を食べると風邪をひかず、健康に過ごせるそうです。

みんな元気いっぱいの一年になりますように!

関連記事

  1. 新年の餅つき

  2. 波志江地区長寿会慰問の日

  3. あすかシンポジウム ASK vol.5

  4. 中等科のスイミング

  5. あいの花 敬老会

  6. 令和元年度 卒園式 2

PAGE TOP